スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お子様体験

ecokurafuto6.jpg


こんなん出来ました♪
本日、エコクラフトテープのお子様1日体験。
カルチャーカウンターに行ったら、エライ事になっていた。
書道とエコと被ったため、総勢21組の親子が…(-"-;)
こういうのって何故か集中する。
Aさんは、必死になってレジと領収証を切っているし。
もう事務所に行ってエプロンを取ってくる暇もないくらい。
今手伝わないと!って感じ。
そこへ…手伝うどころかパニック状態の場所になんとパートが仕事を押し付けに来ていた。
しょうがないからそれはあたしが受けた。
てか…休みだってのわかっているのによくあたしに委ねたなとも思うけどね(-"-;)
お客からの問い合わせで、書道のキャンセルはないか?って話。
しかも電話は繋がっていなく、お客に折り返しの電話をしますなんて勝手な事を受けたらしい。
事務所に「書道のキャンセルないか?」と確認したら意味不明な回答が来る。
お待ち下さいって言われて1分待たされたので切った。(爆)
Aさんの側にある書道体験の名簿を見たら1人キャンセルが入っていた。
間違っていたら困るので、一瞬Aさんに「キャンセルあったのね」と確認して、お客に折り返しの電話をした。
「キャンセルありますからどうぞいらしてください」と言ってほっとしたところに、先ほど切った事務所からの内線。
「あの…キャンセルの電話を受けたみたいなんですけど、Y井さんが受けたらしくて…その電話はもう処理されたんでしょうか?」などと言ってくる。
本当に悪いけど…マジで悪いんだけどあんたトロ過ぎっ!
「もう終わりました」と言ったら「あぁそうですか」と言われた。
ま、この怒りは大した事じゃないので…鈍い人にいつまでもイラついていてもしょうがない。
気を取り直して(笑)お客の引いたカウンターでひなのさんの体験料金を支払い、部屋に入った。


ecokurafuto1.jpg


こんな写真を以前も見たことがあると思われますので(笑)詳しい説明はしません。
とにかく、エコクラフトテープを編んで、ボンドで貼って組み立てていきます。
それにしてもボンド塗りすぎ…(-"-;)

ecokurafuto2.jpg


お子様向けなんで、水色とピンクです。
ひなのさんは水色を選択。
このブルーがいずれ持ち手になるんです。
あたしの体験の時は赤と茶色だったなぁ~...( = =) トオイメ

ecokurafuto3.jpg


この様に編んで行きます。
ひなのさんでも出来ます(笑)

ecokurafuto4.jpg


ここまで出来ました。
あともう一息!
人によって形が違うんです。
丸みをおびていたり、角ばっていたり。
ちなみにあたしのはいつも丸みをおびていてゆとりがある感じなんだけど、ひなのさんのは角ばっている。
本人が「真四角にしたい!」と言ったからがっちりと固めました。

ecokurafuto5.jpg


これはフィニッシュ。
ブルーのラインの周りにクラフトパンチを使って型抜いたものを貼り付ける作業。
これはマーク。
この他にイルカとりんごを貼っていた。
もうエコより、こっちの型抜きに夢中になっていますわ。
( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

ecokurafuto.jpg


最後に…
昨日の教室でも、生け花の先生が言っていたけど…「近頃のお母さんって片付けて帰らないのね…」とぼやいていた(笑)
昨日もあちこちに材料がこぼれていて、あたしと先生で掃き掃除をした。
教室の掃除はあたしの仕事ではあるけど…
やって帰る生徒さんと全くやらない生徒さんがいる。
やって帰る生徒さんの教室はやはり先生がいい人だ。
ひろしの教室の生徒はダメ。
一番汚すくせに…泥まみれにして帰っていく。

今日は、ひなのさんにやってもらった。
最初「どうしてみんなやらないで帰ったのにウチだけ…」なんて言っていた割には(笑)凄い勢いで机の下からイスの下まで全部綺麗に掃いたからびっくりした。
いつの間にか掃除に夢中になっていたわ。
でも、良いことだと思う。
学校でやっているお掃除もちゃんと身についているじゃないか。
じゃ、ウチでもやって下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

counter

国取りカウンター

最近の記事
Comment
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。