スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「めっ!」

me.jpg


今日も学校へ行っちゃった…
「6年生を送る会」
学校評議委員しか入れない…禁断の園…(自爆)
そこへ広報が乱入。
自分が広報をやるのももうおしまいだし、せっかく子どもの出し物だってあるんですから…取材と称して行きたいじゃないですか。

いやぁ…こんなに楽しいものが見れて良かったです♪
まず…6年生92名が1組から1人ずつアーチの前に立ちます。
児童会の子どもが「少年サッカー団では、キャプテンをしていました」等プロフィールなどもつけて名前を紹介します。
この間は暗闇で、アーチにはスポットライト。
カッケー!!
両サイドの右側に1年生と2年生。
左側が3年~5年。
真ん中が花道になっていて、そこを6年生が正面舞台まで歩いていきます。
その間、両手を挙げてスター気取りの子も居ました(爆)
ま、スター気取りで歩いて行ったのは殆どがSという少年野球チームの男子でしたけどね。
( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

まずは、在校生の呼びかけ。
「6年生のお兄さん、お姉さん、ありがとうございました」
「ありがとうございました」みたいなの。
ちょっと涙ぐんでしまった。
やべっ、自分の子供の卒業の時絶対に泣くわこりゃ。
ウチの担任が居たので挨拶したら、「ひなの「めっ」って言いますよ」と言う。
ん?「めっ?」なんじゃそりゃ。
呼びかけで「めっ?」か?
よくわからないけど、ウチのがなんかを言うらしい。

演技に入り、1年生の可愛らしいこと。
6年の席の一番前に入り込み、撮影開始。
2年生はちびまるこちゃんのエンディングを木琴と鍵盤ハーモニカで演奏。
楽器をやっていない子は後ろで踊っていました。
3年生はゴリエのペコリnightのダンス。
さて「めっ」とは何ぞや?と思いまして…
4年のソーラン節が始まりましたら…
又出てきたよ。
先頭に…
_(▼∀▼)ノ彡☆ バンバン!!
あいつ、この1年間で何度先頭に出てきたんだ?
やはりデカイってのは良いことだ…
ずっと見ていると、どうもでっかい子が先頭に来てダンスを踊ったりしているのが多いし…ソーランが終わったら、先頭の子が1組から1人ずつプレートを掲げました。
謎が解けました。
「卒」「業」「お」 「めっ!」 「で」「とう」でした。

その後は鼓笛の楽器の引渡し。
まず、6年生の演奏があり、その後5年生に楽器を渡して、5年生の演奏になりました。
ちょっと感動でした。

その後、みんなで会議室。
PCにデジカメを繋げ、写真を選びました。
久しぶりの1班とのランチ。
本当に久しぶり。
1学期の広報勉強会にあたしの車に乗ったのが1班だったので、その時にランチをした事があった。
1年生のママは凄く悩んでいて…
「そんなに心配しなくても平気だよ」とは言ったけど、担任に毎日連絡帳に素行を書かれるとか、広報の度に覗きに行っていたとか聞かされて、驚きました。
でも、大丈夫だよ。
ママがちゃんとそのことを受け止めて頑張っているんだもん。
まだ1年生なんだから。
その人の子どもの担任は…ウチラの子どもが1年生の頃やはり1年を持っていた人で…
ちょっとなぁ…って人ですから。
チョロチョロする子を問題児と決め付けるのはどうかな?と思うし。

みんなとお別れして、その足で印刷屋へ。
3校を受け取り、今日撮った写真のデータを渡しました。
そして…家で3校をチェックをしていたら…ったくよ~
直っていねーじゃねーかよっ!(▼▼)ってのが幾つかありまして…
電話をしてもう1度印刷屋へ。
1日に2度も印刷屋へ行ったのは初めてだわ。
再度お直しをしてもらい、明日又学校へ行くので校長以下3役と会長に2校として校正してもらう。

しかし…今日見たものはとっても楽しくて良かったけど、別にさぁ…今日が最後じゃなかったって事がわかったよ。
だって…学校評議委員に会長がいたんだもの。
くそっ!
又言わなかったなっ!
あれにも行かなくちゃいけないんじゃないかっ!
夕方会長にイヤミったらしく「どうも本日はお疲れ様でした」と電話を入れてやった。
「( ̄- ̄)フーンあーいうのにも出るんですね…」と言ったら「そうなのよぉ~」だって。
(∴`┏ω┓´)/コラァー!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

counter

国取りカウンター

最近の記事
Comment
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
ブログ内検索
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。