スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凄いんです

広報紙無事発行…
中身もチェックして、問題なし!
各クラスの家庭数毎にまとめ、クラスのBOXに入れに職員室に行った広報委員。
ケーキとおせんべいを分けていた所に、1人の委員が血相変えてやってきた。
「大変です!」だと。
「5年の先生が広報紙を見て!」と言って来た。
「えっ?なんかミスあったの?」と聞いた。
と同時によぎったのが、文字のミス。
それも児童の名前かな?と…(今持って行ってすぐわかるなんてのは名前のミス位だろうし…)
はぁ…今日は切り貼りかぁ~等と一瞬の内に考えた。
ら…もっと凄い事でした。
「この写真にウチの学校の子が写っていない!」との指摘だったのだ。

||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン||||||||||
そんな馬鹿なっ!
その写真は夏休み中にあった林間学校の写真。
博物館で子ども達が見学をしている写真なの。
そして、その写真は広報委員が撮ったものではなく、学年主任の先生にフィルムを渡して撮ってもらったもの。
担任教師がよその学校の子どもを写す方が変。
しかも指摘した人が、その学年主任と来た!
これを作った班としても、この写真を使った意味があって…
・一番クリアに写っている。
・他の写真は、食事中の写真ばっかり。
・他に使えそうな写真を見ると、先に使った写真と子どもがダブる。
 (確かにその写真は子どもがダブらないわなぁ…(-"-;))

等の理由が挙げられた。
こうなった理由の中に印刷屋がよその学校の広報紙用写真を使ってしまった可能性もあるな…と考えた。
それから、先生が適当に写真を撮ってしまった。
1番目の理由だとするとこっちのミス。
その写真は初校の頃からずっと使われていたのに気がついていなかったから。
つー事は印刷屋だけが悪くない。
2番目の理由だとしたら、暴れることが出来る(自爆)
先生を信じて先生の写真を頼りにやっているんだし。(でも考えられない…)
とりあえず、クラスBOXに置いて来た物を全部回収した。
既に持っていかれちゃったのも8クラスあった。
それは休み時間に回収に行くと言う事で、「お詫びの言葉を切り貼りで載せるか」「写真の上にコピーした他の写真を切り貼るか」等と話し合った。
会長が来たのでことの全てを話し、まずは5年の学年主任に先生の撮った写真の中から選んだ事を話して、先生に渡していたネガを戻して欲しい事を伝えた。
会長は「お詫びってことになるかな?」って言ったんだけど…
あたしは、「やだ!どう考えても悪くないもん!謝るのはやだ!」って言った(笑)
すると、これを担当したYさんも「私も謝るのはやだ!」と言った。
広報委員の意見は全員一致。
会長が、「じゃ校長先生の所に行ってくるわ」と言って出かけた。

暫くして会長が戻ってきて…驚愕の事実を知った。
その博物館は、写真撮影が禁止なんですって。
なので、学年主任はここでは写真を撮らなかったのに…学校付のカメラマンが「僕が撮っちゃいますよ」ってズルを申し出た。
これに乗った先生も先生なんだが、よりによってこのカメラマン。
よその学校の生徒を撮ってくれちゃった。
そして、その1枚を撮ったら博物館の係り員に注意を受け…その後は写真を撮れなかったらしい。
なるほどね…プロが撮ったからクリアなわけだよ…
余計な事をしやがって!
校長先生、学年主任も広報委員に対して平謝りだったらしい。
そして…「広報委員の好きなようにやってくれ」と言われたそうだ。
「謝るもよし」「写真を切り貼りしてごまかすもよし」
無論選んだのは「写真の切り貼り」
だったのだが…酷い!
真っ黒。
こんなの貼って出したら、文句は出ないにしても変な噂が出回るだろうし、貼ったものを剥がして見る人も出るでしょうね。
そしてその貼った下にある写真を見てもさっぱり意味わかんないでしょうし…
わざわざ挙動不審な動きをしているようなもん。
と言う事で、3学期の編集後記に「2学期の広報紙に不手際がございました、お詫びいたします」で済ますことにしました。
これを校長先生に話したら「OK」だって。

5年生の広報委員が3人もいるのに気がつかなかったこの写真。
父兄から話があがるとは思わないけど…
本当に血の気の引く思いをしました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

counter

国取りカウンター

最近の記事
Comment
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ブログ内検索
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。