スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あのクソ女っ!

(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり

非常識な題名で面目ないんですが…
本当にこの気持なんですわ(爆)

でも、例のブツをも頂いたので少しだけ気分は上々♪

7sai1.jpg

今回は皿を頂戴しました。
2連休後、引継ぎノートを読んでぶったまげた。

お約束のようにIさんから非常識なカキコミがあった。

「●●さんの休会…当月に連絡してきたのに休会にしちゃっていいのかしら?私は1月分は休会にしちゃいけないんだと思うんだけど?…」と書いてあった。

皆さん!
このカキコミどう思いますか?
引継ぎのノートに書くことでしょうか?
まずあたしがキモ入ったのは(爆)「思うんだけど?」で済ませていいのか?って事。
思うなら、確認をして最悪にならないように行動を起こすのが先だと思うし、それが仕事でしょ?

その次のページを見て又ぶっ飛んだ。
どうやら、それはあたしのミスらしい…(-"-;)
しかも、奴は店長にそれを報告している。
「●●さんの休会の件、店長は勝手に判断をしないようにって厳しく言っています。「ユカ☆さん…どういうつもりでやったのかしら?」と書いてあったのだ。

ここで言うのもなんだけど…その休会の方は末期がんらしい。
12月の第1週に本人より電話が入り「体調不良なんで、今日も無理だったけど…多分再来週も出られません」と言われました。
あたしが言われていた事は「体調不良、病気なら同情の余地があるので突然の事でも休会とみなしていい」と言われていましたので、自己判断で申告が当日だったけど「休会としますね」と言ってあげた。
で、1月。
本人が12月に電話をくれた時に「1月は大丈夫です」と言ったので…
末期がんで不安はあるかもしれないけど…そういう病気なのにカルチャースクールに通って交流しようって人に「無理はなさらない方が」なんて可哀想な事はどうしても言えなくて「わかりました、1月元気になって会いましょうね♪」と言って電話を切ったんですわ。
で、1月の第一週、この日にその方来られなくて…連絡もなくて…
12月の休会費と1月の受講料が未納のままでした。
だから、オギに報告をしたんです。
そしたら「ガンだってオレも聞いている…保留にしておいて、多分1月も休会になるかもしれないから…」と言われて、休会ファイルのリストにカキコミをしました。
12月はマジで自己判断で了解してしまったので、休会届けの代筆もしています。
が、1月はオギにそう言われたので確実になるまで代筆はしてはいけないと思い書いていません。
ただ、未処理リストには書きました。
それが1/9…

その顛末がこれですわ。
Iさん、あたしが1月の休会も認めたと思い、即店長に報告。
店長は最近の返金事情で頭もかなり固くなっていて…Iさんに言われてカーーーーッとなった模様。

あたしはそのノートを読んで、床に叩きつけました。
その後、破り捨てようと思ったけどそれはやめて…ジーーっと考えていたらMさんが「何?今日1人?」って寄って来た。
で、ノートを見せて「これどう思う?」と聞いたら…
顔つきが変わって「「どうなのかしら?」って思ったら調査したり、処理するのが普通なんじゃない?」とあたしと全く同じ考えを言いました。
そして「この書き方バカっぽくない?仕事の申し送りをこんな書き方するなんてありえない」と言っていました。
そうなんですわ。
あたし、何度も突っ込んでいるのよ。
「この書き方は凄く不安を与えるからやめてくれ」って…
「●●なのかも…?」とか「●●なんじゃないかなぁ?…」とか
あたしも、キーボードで日記を書く程度なら「…」ってのはよく使うけど、仕事の引継ぎに「…」「?」はないでしょ?

Mさんから活力を貰い、オギに報告する事にした。
このままだとあたしは「仕事の出来ないただのバカ」

遅番のオギが現れたので、ノートを見せた。
「オギ…話したいことがあるんです」と言った
オギがびびった。
「えっ…な…なんなんですか?」

前置き…
「私はこの店に入って1度もトラブルを起こしていないし、いやなことがあっても我慢して、上にモノを申したことはありませんが、我慢の限界です」と言ったら益々ビビッた。
「な…なに?」

「このノートを読んでください」と言って渡した。
ら、読んで顔が曇った。
「もう我慢の限界です。私はIさんから仕事を習ってここまで来ましたが、こういう事になったら全部責任転嫁して、店長に言いつけるんです」
「私もAさんも、Iさんのやっていることを真似しているんですよ?前にはAさんの事を店長に話したり、酷いじゃないですか」「店長は、Aさんに「Aさんはどうしてこういう判断を勝手にしちゃったのかな?」と言ったらしいですよ」と言いました。

オギが言うには…
「ま、彼女は自分をリーダーだと思っていないようだしな…」
「同等だと思っている風だし」と言うので、「でも、オギはAさんや私に話さない事をIさんに言うでしょ?」「それはリーダーとして認めているからなんじゃないんですか?」と突っ込んだら…
「そうなんだよな…毎日会って話せるわけじゃないから、Iさんに話してみんなに伝えてもらおうと思っているんだけど…上手く伝わらないんだよね」だって。
オギがとっても困った感じだったので…
「いいです、どうもありがとう聞いてくれて、スッキリしました。これでどうこうしようとも思わないし、あたしだってたまには愚痴を言いたいから」とちょっと笑ったら、ホッとした模様。
よくよく考えると、オギあたしより5つ下だし…
出来る人なのかもしれないけど、こんなオバサンの闘争わかるわけないだろうし。
そしたら「愚痴なら幾らでも聞くよ♪」ってな感じで物凄いるんるんになっているオギ…(-"-;)

今日はあたしがぶちまけたことで、オギの奴近づいた気分でいたみたいで凄く話しかけてこられた。
でも、あたしももう「キモチワルイ」とか言っている場合じゃないし、声をかけられたらにこやかに接した。

4:45
「さて…あがろう」と思ったら、オギが来て。
堂々とノートを読み出した。
「あれ?今まではこんなに堂々と読まなかったよな…」と思ってじーっと見ていたら「ここなんだけど」と言って…
Iさんの文を指差して、Aさんとあたし寄りな解釈をしてくれた。
v(`皿´)ノ~'' ヤッター!!
挙句に「Iさん…知っているはずなのにどうして●●さんが病気だって店長に言わなかったんだろう…言えばこんな事にならなかったのに…」と言い出した。

家に戻りAさんにメールで「明日わかると思うけど、堪忍袋の緒が切れてオギに言ってしまった」と言ったら…
Aさんも「そうよ、どうして直で店長に言うのかが今までわからなかったわ」と返してくれた。
そしたら…Iさんと一緒に仕事に入ることの多いAさんがこんな事を…
「最近、店長Iさんが呼び止めても逃げているんだよね」って。
( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
面倒くさくなってきたか?

それにしてもあのバカ…なんとかならないのかな?
来月のシフト。
面白い程、あたしがA当番。(1人シフト)
暫くIさんとは会いたくないです。

で、このカキコミを見て即●●さんに電話。
しかし出ませんでした。
留守電に「連絡を下さい」といい、その後先生に電話しましたところ…先生も連絡が取れないとおっしゃっていました。
先生も「入院しているのかも…」と言われていたので、この件は行動を起こしたあたしに分配があがると思われます。
別に勝ち負けじゃないんだけど…
本当になんだよ。
あの女
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

counter

国取りカウンター

最近の記事
Comment
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
ブログ内検索
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。