スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町内美術展

bijyutu.jpg


銀賞だった。
驚き~!

題名は【カラフルきのこの置物】だとか。
赤い部分に物を置くらしいが、斜めだったけど…
よーーくわからんが、工夫はどこ?
ただ板を貼り付けていただけの様に思えました(笑)


bijyutu1.jpeg


ひーの作品。
何を作っているのかがわかるシロモノ(爆)
勿論金賞

今朝、小百合から電話が来た。
今日は来年の地区役を決める日。
で、今はその真っ只中だというのだ。
「はぁ?どうやって電話しているの?」と聞いたら「ちょっと抜けるって言って来た」と言う。
そして「ねぇさんに了解を取ろうと思って」と来た。
どうやら、だーれも地区長をやりたがらなくて、やっちゃえ!って気持ちになりつつあるというのだ。
_(▼∀▼)ノ彡☆ バンバン!!
あたしに了解って…(爆)

ま、確かに来年の広報を一緒にやろうねとは言われていた。
が…あたしは一人っ子なのに2年も連続でやらなくて良い広報委員をやっているから…「やろうね」と言われても少々困っていた。
で、小百合が地区長を受けるって事は広報委員は出来ないって事で…
一応「地区長は大変だよ、小百合じゃその上の委員長もやらされるよ。広報とは雲泥の差だからね」とは言っておいた。
が、もうあの人はどうせ止まらないし(爆)
了解して電話を切った。
( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

その後、ソフトに行ってからM小にちゃりでひなのと向かった。
美術展は楽しかった。
あちこちの学校の作品も見れたし、凄い!こういうのが素晴らしい作品なんだなぁ~って結構感動した。
ひなののを見て、撮影したらすぐ帰るつもりだったのに、見入ってしまった。
ここで、小百合に電話を入れた。
「ひー金賞だよ、見に来ないの?」と聞いたら「忙しくて行けないかもしれないんだ」と言うので写真を撮って帰る事を約束した。
そのついでに先ほどの結果を聞いたら…
来年の常任委員が1人決定した事の報告を受けた。
ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
最高!
そしたら、今度は「もう、絶対に常任になってねっ!」と言われた。
結局それかい…(-"-;)

しかし、美術展に展示されるってのを聞いて、それも半信半疑でなんかの間違い?って本気で思っていた。
体育館に入る前にひなのにもう一度確認しちゃったよ。
「あんた…ここまで来ちゃったけど本当に選ばれたのね?」って(爆)
そしたら「どーかなぁ~、もしかしたら無いかも」などと言い出すし。
勘弁してよ~いい笑いもんじゃん。
中に入って、N小の所に一目散に行ったらあいつが一つの作品を触りだした。
幼稚園児じゃあるまいし!
「こらっ!触っちゃダメっ!」って幼児に言うような注意をしたら、それが奴の作品だった。
( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

ε=Σ( ̄ )ホッ
ちゃんとあったよ。
そして、奴の作品の横には銀紙が貼られていた。
ここまでは聞いていなかった。
嬉しいわぁ~~~
銀賞って事は賞状とかくれるのかしら?(笑)
絵の作品は、金か銀のどっちかが漏れなくついていたけど、工作はついていないのもあった。
銀賞は、選ぶ人の趣味みたいのがあるので良くわからなかったけど、金賞は「なるほど」作品ばっかりだった。
作品を見終わって、外に出るとYMちゃんのママに会う。
「ひなちゃん、凄いねぇ~、持久走も早かったし美術展もだなんて凄いなぁ~」と褒められた。

(w_-; ウゥ・・苦節○年。
アホでアホで(今でもアホだけど)どうしようもなく、絵画教室でも「ひなちゃんは賞から弾かれる」と言われ(自爆)幼稚園の頃は「病院に連れて行ったら?」的な事まで言われていたのに…ようやっと褒められる様になった。
幼稚園の頃の友達の子どもが賞を貰っているのに、うちのだけ貰えなかったりと悔しい思いも沢山していた。
こんな優秀な子ども達の親とばっかりどうしてあたしは仲良くしているんだろう…
この人達と付き合わなければ悔しい思いもしないで済むのになぁ~なんて卑屈になったりもした。
スポーツもそう。
みんな1年の頃からリレーの選手だったりしていたし。
それが3年生になってから…その優秀な子達の中でも1番を取れたりするようになってきた。
今年は色々と良い思いもするようになってきた。
あまりにバカにされ続けて来たので、ずーーーっと卑屈になっていたけど、こんな気持ち幼児を捕まえて「病院に連れて行ったら?」とか「ちょっとおかしいかも」等と平気で言う親には分からないでしょうね。

YMちゃんのママが「ご褒美あげないとね♪」と言うので…(笑)

bijyutu2.jpeg


大好きなココスの包み焼きハンバーグをご馳走した。

bijyutu3.jpeg


それとハーフケサディーヤも付けてやった。

bijyutu4.jpeg


これはあたし…
あたしはこれだけで満足です。
シーフードのサフランリゾットとか言う奴。

安上がりなご褒美でした♪

そして絵画教室には今月も月謝を払って来てしまいました。
モモ先に今回の事をご報告したら「どんな絵を描いたんですか?」と目を輝かせた。
「絵なんて無理ですよぉ~工作です」と言ったら「絵も良いんだけどなぁ…あたしたち的には…」だって。
_(▼∀▼)ノ彡☆ バンバン!!

で…ウチのアホはやっぱりM小でもやってくれましたよ…
(-"-;)
家からスリッパを2つ持って行きました。
ちゃんと、ひなのに向かってスリッパを差し出したのにさ。
もう、ウチラ親子が必ずなんかアホな事件が起こるのは間違いなく連携プレーなんだと思う。
あたしが、差し出してそこで奴がスリッパを履くところまで確認すればいい話なのよね…
それなのに、スリッパを出したところですぐくるっと振り返って、N小ブースに突っ走ったからいけなかったんだ。
帰る時、自分のスリッパをビニールに入れて「ひなののは?」と聞いたら「ウチスリッパなんて履いていないよぉ~」と言うのだ。
エェッ!?(* □ )~~~~~~~~ ゜ ゜
「出したじゃん」
「でも、履いていないもん」
体育館入り口で言い争いが始まる。
その辺を探しても我が家のスリッパは見つからない。
間違いない…誰かが履いているんだ…
体育館の中に舞い戻り、人々の足元をチェックして回ったら居たぜ…ウチのスリッパを履いているお婆さん…
慌てて、体育館の入り口にあったM小のネームの入った緑のスリッパを持って、そのお婆さんに「ごめんなさい、そのスリッパウチのなんです…」と緑のスリッパを差し出したら、そのお婆さん「ごめんなさい!綺麗に並んでおいてあるからつい履いてしまいました」と謝るの…
「いいえ、悪いのはウチです」と言ってお互いに何度も頭を下げあった。
もう勘弁してよっ!
どうして、よその学校でまで知らない人と話をしないとならないのよぉ~~~
こうやって、あたしはあいつのせいで目立たなくていい所で目立たされているんだよね…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

counter

国取りカウンター

最近の記事
Comment
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
ブログ内検索
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。