スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レインボーマン

20081119182646.jpg


今日の怪人(笑)

シネシネ団がマジで可笑しい。
日本は大不況で、シネシネ団のせい。
レインボーマンの姿で国会に行き、「私はレインボーマン」と言うが、国会のオヤジどもは「なんだねチミはっ!」
あんな格好で来られたら…何かのイタズラだと思われるでしょうね…
しかし楽しい。
昭和の香りがプンプンする。

塩沢ときが悪役で出ているし、平田昭彦がミスターK(シネシネ団の党首)
両方とも故人ですが…

王様のレストランの「かじはらさん」も出ている(笑)
(湾岸署のスリーアミーゴの1人、やまとなでしこで桜子の父親)
当時は芸名が今と違っていた。
今の芸名もすぐ出てこないけど…
とにかく、ハナマルキのCMに出ているおじさん。

レインボーマンは好きだった。
内容の記憶はウルトラセブン程憶えていないが、なんとなく好きだった。
子供心に「ヨガ」モードに入るヤマトタケシがエロチックで(爆)そして凄く不思議だった。
「ヨガ」に入ると凍ったように白くなり、時には海の中だったり…
人なはずなのに、人じゃないみたいな。
あんなにウザイ、シネシネ団なのに、ヨガに入っているタケシを襲えば楽勝なのに、何故か見つからないし。
前回見たのは…岩場の陰でヨガモードに入っていた。(爆)

「アノクタラサンミャクサンボダイ、アノクタラサンミャクサンボダイ」
と唱えてレインボーマンに変身!

そして…子供心に何に萌えたかと言うと…

不謹慎ですが…
使命に失敗したシネシネ団職員の皆さんの処刑シーン(笑)

トッカータとフーガニ短調が流れ…ボタンひとつで対象のシネシネ団の人を特定して消すんです。
昔は、それが凄く恐ろしかったんだけど…今は…
登録作業大変だな…とふつーに思ってしまいます。
シネシネ団マメ。

「シネシネ団の歌」ってのがあるんですが…

凄いんです。
「死ね、死ね、死ね!死んじまえ!」
「死ね(あー)死ね(うー)死ね!死ね!」って…
そりゃ、子供の頃、この歌を聞いて大笑いしましたわ。(爆)
で、ひなも…漏れなく大笑いしています。

とっても危険な歌で、あまり子供に聞かせたくないですが…
やるな…川内…
さすが森真一を門前払いした爺だ。

とは言いつつ…危険な人間がこの歌を聞かない限り、結構スッキリする。
人ってそんなもん。
「死ね」なんて言葉は勿論出さないけど、それに近いことを思うことだってあるし。

人を殺したいと思った事はないけど、自分を傷つけたいと思うことがある。
それが強くなると…恐ろしい事になることも知っている。
じゃ、どこにぶつければ?
はい…「シネシネ団の歌」で、少しは気楽になれるかもしれません。

タブーな言葉を歌で解消するのって…もしかしたらいいかも。
真面目な方は眉をひそめるでしょうけど…

人には個人の解消の仕方があるんだから。
生きるために、是非自分の思うことを全うしていただきたいですね♪

自殺はいけない!
それだったら、常識の範囲で「死ね!」って心でつぶやいているほうがマシ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今の不況もシネシネ団のせいなのかしら?だったらレインボーマン呼ばないと!
ねえねえ、ミラーマンって知らない?

ミラーマン

よく知っているよ♪
仮面ライダーだったらショッカー、好き好き魔女先生だったらアントマン…
そして、ミラーマンは黒グラサンをかけたおっさんの集団のインベーダー。

低学年の頃、夏休みに家族で旅行に出かけた時、山道で後ろの車の運転手が黒グラサンをかけていたのよ。
父が「インベーダーがつけてくる」とジョークで言ったんだけど、未就園児だった弟がマジになって「早く逃げてよ!」って泣きが入ったの。
あいつ、インベーダーが消えるまでずっと後ろを見ていた。
それがおかしくておかしくて!
counter

国取りカウンター

最近の記事
Comment
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
ブログ内検索
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。