スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(" ̄д ̄)けっ!

又新潟転勤がボツだって。
バカみたい。
これで二度目。
もう絶対に信じないぞ!
スポンサーサイト

専業主婦

明日より専業主婦です♪

本日ココスを辞めて参りました。
本当は今月いっぱいいるつもりだったんだけど、仕事している時にキッチンのおばさんに優しい事を言われてしまった。
「辞めるの…?やっぱりあの子なの?」と言われた。
「酷いよね…あたしも本当にあの子にはムカついているんだ」と言ってきた。
最近そのおばさん達にも調子こいて酷い態度を取っているって話は耳に挟んでいたんだけど、本人から言われて。
あたしも、つい「半年誰にも言わずに我慢してきたけど」と言ったら「辛かったね」と言われて、涙が出てきてしまった。
本当に良い人ばっかりなのに、一部の人間がバカでみんなが苦しんでいるって思ったら…「もうここには居れない」と思った。
そんなんで決別して参りました。

Tさんに「仕返ししたいんだけど…」と冗談で言った。
「インターネットちくりやってもいい?」と言ったら「やっちゃえば?」と言われた。
( ̄д ̄) エー良いの?????
お店困るじゃん。(爆)

告別式

大船にある斎場で、11:00より告別式。
Sを8:22の湘南新宿ラインにて向かう。
遠いので、グリーン車で出かけました。
10:05に大船に着き、一緒に行く仲間が4人。
全員既に着いていた。
そこからタクシーに乗り斎場へ。

3年前、幼稚園時代からの幼馴染が亡くなって、お通夜に出かけた時近代葬儀に触れた。
今回も近代葬儀に近いものがあった。
入り口に日高の写真があって、日高からのメッセージの様な言葉が書かれていた。
「私はとっても幸せでした…」みたいなの。
幼馴染の時もそうだったんだけど、黙って大人しくしてたが、テンションが上がってしまった。
なんか、信じられなくて逆らいたくなる心境。
色紙があって、その色紙に日高へのメッセージを書いて下さいってのも…
本当は飛びついて書きたかったんだけど、躊躇したあげく、みんなは日高の名前宛てでメッセージを書いていたんだけど、20年ぶりに会ったるみと2人で、「日高先生」って書いちゃってしかも自分の名前も旧姓にしちゃった。
その色紙は、棺に入れるって言うから。
わからないとやだから、旧姓で書いた。

葬儀が始まって、全然平気だったのに日高の年老いたお母さんがお焼香した時、ジーンと来てしまった…
「日高ったら、親よりも先に死ぬなんてっ!!!」
綺麗なおばあちゃんだった。
日高も顔立ちは美人だったもんなぁ…ダサかったけど。

一般のお焼香が始まり3人ずつで、あたし、るみ、オノブで並んでお焼香した時のこと。
右の遺族、左の親族に挨拶をして、真ん中の日高に挨拶をした時…一斉に大泣きをしてしまった。
着席して、おいおい泣いている我々はかなり見られてしまった。
高校時代に教わった、他の先生も数人いらしていて、声をかけたら「来てくれていたんだ」ととっても意外な顔をされた。
ま…日高はあんな人だったし、あたしたちも決して良い生徒じゃなかったし。
政経の高木先生が居た…
ちっとも変化がなかった。
悲しみながらも、ウチラは「高木って…あたしたちが居た頃幾つだったんだろうねぇ?」ってコソコソ話した。

最後のお別れ。
凄いやだったんだけど、会う事にした。
綺麗な顔をしていて、安心しました。
以前ガンで亡くなった人のお別れをした時、卒倒しそうになるくらい変わっていたので…
でも、日高は全然変わっていなかった。

出棺まで見送り、全て終った後全員がテンションあがっていた。
誰も暗い話はしなくなった。
横浜まで出て、ランチをする事にした。
この大船から横浜まで、2駅だったのにとっても奥の深い話しが出来たほど、葬儀の事は誰も引きずらなかった。
ランチ中も一切…
今日は、みんなガンガン泣いたのに切り替えの早い事(笑)
でも、いつまでもメソメソしていないで、昔話に花を咲かせて大笑いしていたあたしたちは凄い楽しかったし、良い友達だなって思った。
日高が20年ぶりに再会させてくれたんだ。
何があっても、あたしたちの先生なんだなぁ。
写真の日高は本当に素敵な笑顔でした。
本当にありがとうございました。
ゆっくりお休み下さい。

新潟

今年は、なんか1月からあたし的にショッキングな事が多いです。

(=`(∞)´=)ブヒィ~が転勤だと。
場所は「新潟」
ジャニコンの時泊りがけで行かなきゃ…

この新潟ですが…
1998年の夏にも話しがありました。
この頃、ヘルハウス在住で、同居に苦しんでいた時に天使が舞い降りたと思った程喜んだ♪
無論、みんなで行きますわぁ~状態。
小躍りして喜んでいたところに婆が「転勤から戻ってきたら、当然ウチに帰って来るんでしょうね…あんたたちの同居のために幾らかかったと思っているのよ」とあたしに言ったわ。
それももう懐かしい話だわ。(笑)
新潟の家も決まって、後は引越し手続き!って時にその話しが流れた…
この世の終わりだと思った程落ち込んだ…
事が過去にあったわねぇ~
( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

それが、今自由に暮らしている我が家に又訪れた。
今度はちょっと状況が違うし。
アパート暮らしだったら一緒に行っちゃうけど、家買ったばっかりなんだもん。
(=`(∞)´=)ブヒィ~も、今日上司に言われて、「単身で行きます」って即答したって。
あたしに相談もなく…
ま、相談されても多分単身赴任してもらったと思うわ。
学校のこともあるし…
いつ戻れるかわからない海外とか言うなら渋々一緒に行ったと思うけど、早くて1年半、遅くて2年らしいので。
申し訳ないけど、一人で行って頂きます。
もう、忘年会とか出られなくなるわねぇ~
不良の溜まり場にならなきゃ良いんだけど…
( ̄ー+ ̄)

高校時代

昨夜の訃報から一夜明け、朝からとりあえず繋がっている高校時代の友達にメール。
実は、悲しい事にあたしは、40名近く居た高校のクラスメートの殆どが大嫌いだった(笑)
クソバカ女子高で、ロクな人間が居なかった。
その中の数名とは今でも繋がっているのだが、ツッパリって人ではない連中ばかり。
だからって、自分はマジメ人間だったかって言ったらそれも違う。
でも、友達はマジメなのばっかり。
今日は、大嫌いなクラスメート全員に電話をかけないとならなかった。
6年前にあたしはこの大嫌いなクラスのクラス会の幹事をやった。
この時に、もっとも大嫌いだった奴が更に嫌いになり、好きだった友達をもっと好きになり、昔はあまり…だった友達と仲良くなったりと色々な事を学んだ。
そして、この時あたしは全員の名簿を作成した。
これを元にメールをくれた圭子と共に分担して我が家にて電話をかけまくったのだ。
あたしのクラスメートは、千葉の市原界隈に殆どが生息している。
だが、圭子はS町の隣の市に偶然嫁入りしており、唯一のご近所同級生。
この市原の連中が又凄いんだわ…
前回クラス会のお知らせの電話をした時も「何で今更」とかそういう事を言う奴らが多かった。
今回電話するのもひじょうに怖かった。
だって…担任ってば…いつもその市原軍団に苛められていたとってもか弱い先生だったんですもの。

亡くなった担任は、大学院を卒業して初めて受け持ったのがあたしたち。
あたしやキクは、1年から3年間受け持っていただいた。
因みにあたしも、最初は相当逆らったクチ。
だって、情けないんだもの。
すぐ涙目になるしさぁ~
生徒を怒れないし…
でも、3年生の時ちと停学を食らう事件があり、この時に担任の優しさに触れて、改心したのだ。
停学を食らう様な生徒は、先生との関わりも多いわけで…(笑)

私のクラスは、卒業してから3回クラス会を行っている。
1.2回目のクラス会の幹事は圭子。
3回目のクラス会の幹事はあたしがやった。
この際、全て担任を招待している。
市原生息が多いので、どうしても我々のクラス会は千葉。
千葉駅界隈。
悲しい事に、未だに中間地点が千葉なのだ。
そして、担任は学校を退職して結婚したのだが、住まいは鎌倉。
千葉まで遠いのに、毎回とっても嬉しそうに来てくれた。
6年前、先生は「あなたたちをはじめて卒業させて、その後も何クラスか卒業させたのですが、クラス会に呼んでくれるのはあなたたちだけ」と言った。
「(゜ー゜)(。_。)ウンウン日高ならそうかも…」などと心でうなずいた。
それが日高との最後だったわけで…

昨夜、圭子の家に日高のご主人から連絡があった時、ご主人は「あなたたちのことだけはいつも楽しそうに話していた」
「クラス会に誘われるのも物凄く嬉しそうだった」と…
それを聞いちゃぁ黙っていられねーぜ。
って訳で別に2人とも学級委員長だったわけでもないのだが、夕方まで電話をかけまくったのだ。
6年前の名簿だったので、中には引越しして連絡がつかない人も居たのだが、何気にぽつぽつと繋がっている人もいたりして、その人からその友達に連絡してもらったりした。
明日お通夜、明後日告別式なのだが、殆どの人が参列出来ない。
やはり、鎌倉は遠すぎた。
あたしも、明日のお通夜は無理だが、告別式は出られるので、お得意の湘南新宿ラインで行く事にした。
これを伝えたら、5名来られる事になり、凄くショックを受けていて「行きたいけど行けない」って言ってくれた人には、「日を改めてお線香をあげに行くなら付き合うよ」と言ったら、10人程増えた。

日高はとっても地味で、ダサい人だった。
よくもあんなクソバカ女子高で先生をしたなぁ~って位そぐわなかった。
生物の先生だったので、白衣を着ていたし。
水色の健康サンダルを履いていたし。
おしゃれ?なんてしているの見た事無いし。
ノーメイクだし、髪はサムだし。
付き合い悪そうなのに、いつもクラス会に来てくれて。
静かにそこに居てニコニコしていて。
感謝しています。

明後日はお別れに行くからね。

カウントダウン

昨日のライブまでの我が家の取った行動と終った後の行動を追加いたします♪

今回、このチケットを取る為に費やした時間。
それと多大なる友情。
一生の思い出になった。

この日は大雪。
電車も数分遅れていたが、宇都宮線にしては天晴れな方。
カウントダウンライブなので、始まる時間も相当遅い。
PM6;00に家を出れば大丈夫♪と考えていた。
これでも相当早いと確信していた。

午後7:20頃、上野の駅に到着。
年越しそばをそば屋で食べた。
いつもは、家で鶏ガラからスープを取り…の年越しそばなのだが今年はせいろそば。
ちょっとだけ物足りなかったけどしょうがないし。
開場まで数時間あったので、さらに上野でお茶を飲み時間つぶし。
PM8:45になったので、京浜東北線に乗り、秋葉原→水道橋。
ほぼ9時ごろドームに着いた。
この日はカウコンの前にkinkiのライブがあったので、そのお客とごっちゃになっていて歩きずらいったら。
ドームの上からは溶けた雪が滝となり落ちてくる状態。
駅からドームまでの道には延々ダフ屋と、「チケット譲って」って女の子が花道を作っていた。
「ひぇ…こんな日にこんな事するのやだわ…」と思いながら奴らの中央を堂々と歩いていった。
ドームの中にあるレストラン、クレープ屋全て凄い行列。
とにかくグッズが大好きな(=`(∞)´=)ブヒィ~は「22番ゲート」に急いだが、グッズ売り場なんてないじゃんよ。
警備の人に「どこですか?」と聞いたら、22番ゲートを背中にした場所を指差される。
「そういう事かよ…」そのグッズ売り場の最後尾はと言うと…
ドームホテルの脇よりもずーーーっと駅の方まで続いていた。
拡声器を持った男が「今グッズに並ぶと、開演に間に合いませんのでコンサートが終ってからお並び下さい」なんて言っているし。
つまり、開場よりもずっと早目から始まったグッズ売り場にはその時間に居ないといけないって事。
ひとつのグループじゃないって事はそれだけ集まる人も半端じゃないって事。
ふと見たら、カウコン仕様のショッピングバックとうちわを持っている子発見。
ニノのその顔は、嵐の夏コンと一緒だった。
だが、うちわの裏がカウコン仕様になっていた。
_(T▽T)ノ彡☆ばんばん!
「嵐は全部持っているから要らないよね…うちわはパスだな」って言ったら、ひなのは「( ̄д ̄) エー長野と翼くんと光ちゃんがほしい」って言うし、(=`(∞)´=)ブヒィ~は「亀梨と赤西がほしい」って言うし…
そういわれるとあたしも関ジャニがほしくなるじゃないか。(自爆)
でも、あの行列を見ていたら並ぶ気なんて失せる。
だって、コンタクトの入ったあたしの目には最後尾なんて見えないんだもの。
駅の方に行っちゃっているんだもの。
「ライブ終って、どうしてもほしかったら並んで買おうね」と2人に言って、ドームの中に入る事にした。
11時開演よりも随分早くにドーム内に入ったのだが…
なんとあるじゃないかよ。
グッズ売り場。
しかも、外のより全然並ばなくて良いの。
でも、品薄なんだな。
プラカードを持った人が行ったり来たりしているんだけど、並んでいる間にうちわの名前がどんどん消されていくの。
しかし…アレって人気のバロメーターみたいのがあって怖い…
かなり面白い事に気がつきました。
ここではあえて言わないけど…(* ̄ ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄ ̄)フッ
結局、買えたうちわは、V6は長野。(あたしが岡准希望したが消えた)亀梨、赤西はゲット、翼くんは消えた。光ちゃんは消えていたのが、ちょうどウチラの前で追加が入荷したのでゲットできました。
それと更なるベッキー化を狙い、オリジナルストラップを2個。(1個は頼まれた)

私たちの座った席は、過去色んなライブに行った中でワースト3(笑)
ワースト1は去年のTOKIOのオーラス。
今のところ、アレに勝てる席には着いた事はない。
ま、東京ドームに関してはよっぽどじゃないとワーストって思える席だと言う事は肝に命じていたので、雰囲気を楽しんできた。
つーか、マジ盛り上がった。
色んな意味で本当に面白かったので、今年の大晦日も頑張るつもりです♪
ライブの話はここまで。
そのワースト3な席は退場にベスト1の席だった。
終ったと同時に走り、ベスト20(ひなのと(=`(∞)´=)ブヒィ~が居なかったらあたしの足なら1位入賞したかもしれない)以内で駅に到着。
総武線も難なく乗り、新宿から湘南新宿ラインに乗り、ふつーに帰ってきた。
ひなのは、お昼寝はさせたけどさすがに電車の中で座った途端に寝た。
この寝方が素敵だった。
大宮まで、親は立っていたのだが隣に居た男の人に何度ももたれそうになるの。
でも、もたれる寸前で体制を立て直している。
凄い精神力!驚いた。
大宮であたしが横に座った途端にしがみついてきた。
久しぶりに可愛いと(自爆)思った。
counter

国取りカウンター

最近の記事
Comment
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
12 | 2005/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
ブログ内検索
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。